「こういうことは専門家に相談するのが一番だと実感しました」

9.18

会社を大きくしたい!

O6NM390

私が行なっていた業種は、就職する前からやりたいと思い、目指していたものでした。今回の会社も、その前の会社も同じ業種で、スキルアップとして今回の会社に転職したんです。

いままでの経験を活かせることに、わくわくした気持ちを抱いていました。同じ志や目標があるスタッフとともに、会社を大きくしたい。そういう気持ちを抱いていました。

意味が分からないし、裏切られた気持ち

263

解雇と言われたときにはショックで、裏切られた気持ちでした。最初は実感がなかったですが、必死に探した場所で働けなくなることが分かり、日が経つにつれて労働意欲がなくなりました。

会社は、私を解雇するのに新しい人を雇っているし。解雇日までひと月ほどありましたが、解雇される私が新人に引継ぎをすることの、意味が分からなかったです。悔しかったですね。

家族に背中を押されて相談

814

解雇を通告されてから、何も手に付かなかったです。弁護士に頼む余裕も気持ち的になかったので、泣き寝入りするところでした。辞めさせられてから家族に会って話をしたら、「それは絶対に専門家に相談した方がいい」と背中を押されて……。

ネットで調べたら「みんなのユニオン」を見つけて、気軽に相談できそうだと思って相談しました。こういうのって長くかかるイメージがありましたが、LINEのやり取りが早かったですし、解決までスムーズにいって良かったです。

信頼と現場の声を大事にする

2313369

今回のような出来事は初めてのことで、人生ではそう経験できないことです。こういうことは専門家に相談するのが一番だと実感しました。少しでもおかしいと思うことがあったら泣き寝入りしないようにしようと思いました。

今後は、同じ業種を目指していますが、信頼と現場の声を大事にしている会社で働きたいです。そして、管理職になったら、現場の状況を把握し、信頼されるような人になりたいと思います。

団体交渉担当スタッフの声

今回は整理解雇という名目でありながら、他にも新人を雇ったり、後から別の解雇理由を主張してきたりと、会社側に身勝手な印象があるケースでした。そのため、先方弁護士と徹底的に話し合い、おかしいと思う部分を一つ一つ潰していきました。

今回は組合員さんが今までも業務の流れや、上司とのやり取りを文書や録音、スクリーンショットで証拠としてしっかりと残していてくださったのがとても強みになりました。

解雇では、ときに「言った言わない」の争いになることが多く、決着がつけにくい場合も多いです。普段からしっかりと記録を残すことの重要さを感じた案件でした。

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます

不当解雇・失業の無料電話相談