会社に一石を投じる!団体交渉で気持ちにケリをつけられた!

8.20

意気揚々とした気分で勤務を開始

2423 1

前の会社と今回の会社は、同じ業種でしたがやる業務は違いました。そのため、新たな業務知識を得られることをとても楽しみにしていました。

それまではパートだったのですが、フルタイムに近い仕事になるということで、自分の仕事を改めて考えたり、家族の協力も得たりしていたので、意気揚々とした気分で勤務を開始しました。

前触れのない突然の解雇

4949

解雇を言い渡されたときはコロナの真っただ中で、緊急事態宣言が出されていました。お客さんが減り、仕事は忙しくない状況でした。勤め始めてしばらく経ったころ、社長に呼ばれました。それまでの態度とは違ったので、嫌な予感がしたのですが……。

何も前触れがなく、突然解雇を通達されて本当に驚きました。すごくショックで、泣き出したい気持ちになって。高圧的な態度ですし、解雇と言われたからには受け入れなくてはならないと思って……いま思い出しても非常に辛いです。

新しい職場で聞いた解決の道

403397 PCSCA5 938

会社を解雇されて、新しい会社に入ったとき、そこの同僚が「訴える場所がある」と教えてくれたんです。それでそういう場所を調べてみたら「みんなのユニオン」を見つけました。

全て納得した内容で解決に至ったわけではないですけど、みんなのユニオンが不当な解雇について抗議してくれたので、会社に一石を投じることができたんじゃないかと思います。今後、同じような解雇を行なうことはなくなるんじゃないかな、と。そういう意味では、とても晴れ晴れとした気持ちです。忘れなければいけない、思い出したくないという気持ちに、ケリをつけられました。

温かい職場でお客さんの役に立つ!

620

いま勤めている会社は、とても温かい雰囲気です。常にお客様に声をかけるようにしています。だんだんとお客様が戻ってきて毎日忙しいですが、スムーズにお客様の対応ができるように、私が少しでも役に立つことができれば嬉しいと思います。その気持ちで、仕事をしていきたいです。

パートやアルバイトは労働組合がないですし、何かあったときに泣き寝入りしているケースが多いです。ユニオンがあるということを、多くの方に知ってもらいたいと思いました。

団体交渉担当スタッフの声

仕事を始めたばかりのころは、誰でも業務に不慣れなものです。そんなとき、不慣れであることを理由に退職を迫られたら、気持ちのいいものではないですし、納得もいきません。

こちらのケースでは、会社が退職届の提出を強いられ、ご相談者は不本意ながら提出してしまいました。そのため形式的には、自ら辞めたことになってしまったため、解雇に伴う手当の請求は難航しました。

しかし、ご相談者の納得に少しでも近づけるよう、粘り強く交渉し、100点満点ではないですが、一定の結果を引き出すことができました。ご相談者が新しくスタートをするために、少しでも役立てたのならば本望です。

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます

不当解雇・失業の無料電話相談