「新たな道を頑張って進んでいきます」

【コロナ不況対策】通知とYouTubeを武器に会社員を ブラック企業から守る! 70

生活費を稼ぐために入社

money writes with white chalk is hand draw concept

前職を辞めたばかりで、生活できない状態だったんです。だから、生活費稼がなきゃという思いで就職しました。特に、「この会社!」って決めて入社したわけではありませんでしたね。

入社して、上司が人の好き嫌いが激しい人だと言うことが分かりました。僕と同じ時間帯に働いていた人は、みんな嫌われていましたね。

解雇には「やっぱりな」という気持ち

dismissal employee epidemic coronavirus

上司に嫌われていたから、解雇と言われたときには「やっぱりな」という思いがありました。上司の思い通りにならない人間はうっとうしかったのでしょう。だから、クビにしたいと思っていたのだと思います。

上司に嫌われていた人はみんな辞めていって、僕以外は入社したばかりの子が多かったから、残った僕さえいなくなれば思い通りに動かせると思ったんでしょうね。

解決金もとれると知り依頼

handshake business men concept 1

解雇と言われて、色々と調べていたんです。それで、みんなのユニオンの執行委員である岡野さんのYouTubeを見ました。まさか、お金までとれるとは知らなかったです。有休だけとれたらいいと思っていたので、お金もとれるならとってやろうと思いました。

解決金もとれたから、新たな道で頑張って、進んでいこうという気持ちでいます。職業訓練でスキルも身に着けようかなと。次の仕事にこだわりはありませんが、職場の雰囲気がいいところがいいですね。ストレスのない生活を送りたいです。

団体交渉担当スタッフの声

本件交渉を担当した竹永です。団体交渉申し入れ後、会社側は当初「解雇なんかしていない。本人が辞めたいって言ったんだ!」などの主張をしていましたが、本件に関しては①解雇理由証明書が発行されていたことと、②「もうクビだから!」との発言があった録音データを有していたため、解雇の意思表示があったことを証明できました。

本件整理解雇も不当性が高く、無事解決金を得ることができました。最近では「解雇なんかしていないんだ」と主張する企業が増えて来ているため、仮に解雇を言い渡された際は解雇理由証明書の発行を依頼し、可能な限り言った言わないのような状況を避けるために録音をしておくことを推奨します。

実際に解雇されてしまった際には、いつでもみんなのユニオンまでご連絡ください。何かお手伝い出来ることがあるかもしれません。

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます

不当解雇・失業の無料電話相談