「解決して、すごくホッとしました。助かったという思いです」

12.23

内定をもらって安心した

名称未設定のデザイン 42

婚約を気に、生まれた土地や初めに働いていた土地とも違う、遠く離れた場所に引っ越しました。そこで、未経験の業務内容に挑戦したので、不安が一番大きかったです。

仕事だけでなく、土地柄の人間関係も不安でしたね。でも、多くの会社から、面接で散々産休のことや育休のことを聞かれていたので、やっと内定をもらえたことにホッとしました。

泣き寝入りは絶対にできない

名称未設定のデザイン 43

無期雇用で、まずは試用期間として勤務を開始しました。試用期間が終了する少し前に、有期雇用へ変更の打診をされたんです。それを断ったら、試用期間満了で雇用終了と言われて……。解雇予告手当ももらえないし、自己都合退職にされると思いました。無責任な会社だから、泣き寝入りは絶対にできない、と思いましたね。

会社の労組以外に、外部労組があること自体知らなかったです。ネットで不当解雇について色々調べ、不当解雇の経験談を発見して外部労組があることを知りました。そして外部労組を探しているときに、自分と同じような状況の方の記事を読んだんです。その記事がみんなのユニオンさんのサイトの記事で、入会金も組合費もかからないから、話を聞いてもらえればという気持ちでお電話しました。

気が楽になり、自信を取り戻せた

名称未設定のデザイン 44

解決して、すごくホッとしましたし、気が楽になりました。最初に会社から言われた解雇理由だと、次の職場でやっていけるか不安でした。それを変更してもらえて、自信を取り戻せましたね。

会社には自分の言いたいことを言えずに解雇されてしまったけれど、ユニオンさんに送ってもらった内容証明郵便で代弁してもらえたから、良かったです。解決金ももらえたから、焦って就職しなくても良さそうです。すごく助かりました。

資格を取得し、それを活かして就職を

名称未設定のデザイン 45

今回の職場で新たな業務経験ができたから、それを活かして給料のいいところに就職したいと思っています。そのために、いま資格の勉強をしています。資格を取得して、新たな場所で活かしていきたいです。

団体交渉担当スタッフの声

最近とても増えてきているのが、「試用期間だから、満了で終了しても問題がない」という会社側の勘違いです。あくまで無期雇用として契約し、最初の数か月を試用期間とする場合は、期間満了だからといって直ちに契約が終了できるものではありません。

解雇となりますので、法律上所定の条件を満たす必要があります。

ただ、会社さんが勘違いをしており、堂々と「いや、今回は期間満了だから解雇ではないよ」と言ってくる場合もあります。その際にうっかり納得してしまわないよう、引き続き労働知識を広める活動にも取り組んでいきたいと思った事件でした。

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます