「解決金をもらって安心しましたし、嬉しかったです」

12.4

知り合いの紹介で入社

名称未設定のデザイン 25

知り合いが、学生時代の仲のいい人が経営している会社を紹介してくれたんです。どうやら、会社から知り合いに「人を紹介してくれ」と斡旋があったみたいでした。

その業界に興味はあったので、入社したときは楽しみだし、これから頑張ろうという気持ちでいましたね。でも、入社してみると仕事内容とか人間関係とかまぁまぁで……思い描いていたものとのギャップを感じました。

解雇通告に悲しさと怒り

名称未設定のデザイン 26

社長が社員のことじゃなく、目先のお金だけしか考えていなかったんです。だから、僕以外にも数人、収益が上がらないからと解雇されました。そこで、僕を含め社員も、社長の本心が分かって不信感が募りましたね。

解雇と言われたときは、やっぱり悲しかったです。それと同時に、悔しさや怒りも湧いてきました。

解決金をもらって安心した

名称未設定のデザイン 27

たまたま、みんなのユニオンの執行委員である岡野さんのYouTubeを見て、不当解雇の相談をしていることを知りました。それで連絡させてもらったんです。解決金が振り込まれて安心しましたし、嬉しかったです。気持ちも晴れやかになりました。

いまは就活中ですが、いつかは自分で会社を興したいと思っています。今回の会社と同じ業種で考えていますが、他にも興味がある業種があるので、そちらもいいな、と思っています。

団体交渉担当スタッフの声

本件交渉を担当した竹永です。当初先方から返答がなく、会社側に問い合わせたところ、「本人に問題があるからクビにした」とのことでした。

解雇理由に合理性はなく、社長は比較的早い段階で解雇が有効になるケースは少ないという事実に納得してもらうことができました。解決金に関しては相場の下限額となりましたが、組合員も早期解決をしたいとのことでしたので、会社側と和解しました。

最近では「社長がクビって言ったらクビなんだよ!」等を理由とした解雇が増えてきています。解雇が有効になるケースは少ないので、まずは当ユニオンの相談窓口にお電話してみてください。

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます