「話を聞いてもらえて、感謝しています」

10.14

会社から声がかかって業務に就く

790

もともと、違う業種でフリーランスとして働いていました。今回の会社に入ったのは、短期間の仕事ということで、対応できたからです。

しかも、会社から声がかかりました。会社自体、初めての業界に足を踏み入れるようだったので、今後どうなっていくんだろうと思いましたね。

解雇に憤りを感じた

40987

業務を開始するにあたり、会社からの話が二転三転しました。しっかり対応してくれるべきはずの会社がいい加減で、信用もなくなりましたね。

向こうから声をかけてきたのに解雇と言われて、憤りを感じました。公的機関などに相談してくれてもいい、というようなことも言われたんです。

「みんなのユニオン」を広めていきたい

1498

会社が非を認めなかった点については、すっきりしていません。でも、みんなのユニオンにはこうやって話を聞いてもらえて、感謝しています。

周りで、不当解雇などに困っている人がいたら、「みんなのユニオン」を広めていきたいと思います。

団体交渉担当スタッフの声

本件は、当ユニオンが突然の契約終了に関して抗議したところ、会社側の弁護士から適法である旨の応答があったケースです。

不当性について強く主張し続けたところ、契約期間満了までに得られていたはずの賃金相当額の支払いは受けられることになりました。

大半の会社は、金銭解決に応じることになっても、正面から謝罪したり、慰謝料という名目の金銭の支払いに応じたりすることはありません。

その場合でも、当ユニオンが味方になって、労働者の方のお話を聞いたり、せめて今回のように賃金相当額を受け取れるようにしたり、気持ちの切替と前進に役立っていきたいと考えています。

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます

不当解雇・失業の無料電話相談