不当解雇・退職勧奨
お悩みお聞かせください

無料相談窓口(24時間全国対応)

※伺った事情をもとに、ショートメールメッセージ(SMS)か電話にて専門員が返答いたします

※ユニオンとしてご対応が難しいものでも、適切な相談先をお伝えしますので、まずはご連絡ください

雇用保険被保険者証をもらってない?手元にない理由と再発行手続き!

更新日:

監修者:みんなのユニオン 執行委員
岡野武志

20190122175051 cc88e8245f3a54c169d25b5c7a33105f01dc7b93 1

この記事でわかること

  • 雇用保険被保険者証は、入社して雇用保険に加入したときに交付される。
  • 「会社で保管」「雇用保険に未加入」「紛失」「年金手帳に添付」などの理由で雇用保険被保険者証が手元にないこともある。
  • 使用頻度は高くはないが「転職先での入社手続き」「ハローワークでの各種申請手続き」「老齢厚生年金の受給手続き」のときに必要。
  • 紛失したときは「在職中は会社に」「退職後はハローワーク」に請求。

会社勤めをしている人は雇用保険に加入していますが、自分の雇用保険被保険者番号を知っているでしょうか。雇用保険被保険者証に記載されていますが、そもそも雇用保険被保険者証をもらっていない人もいます。

今回の記事では、雇用保険被保険者証が手元にない理由や必要になる場面、再発行手続きなどについて解説します。いざというときに困らないように本記事で基礎知識を身につけてください。

雇用保険被保険者証と受領

雇用保険に加入する会社員には雇用保険被保険者証が交付されます。まずは、雇用保険や雇用保険被保険者証について基本的な事項を確認しましょう。

雇用保険と加入要件

雇用保険は離職後の失業保険の給付がよく知られていますが、そのほかにも育児・介護休業したときや所定の教育訓練を受講したときにも給付があります。

雇用保険の対象になるのは、業種や就業形態(正社員、パート社員、アルバイトなど)に関わらず、下記要件を満たした人です。雇用保険の被保険者とよびます。

31日以上の継続雇用が見込まれる

1週間の所定労働時間が20時間以上

ただし、次に該当する人は対象外です。

会社の取締役や監査役、家事使用人など(労働者と認められる場合は除く)

昼間学生(休学中や定時制課程の学生は除く)

雇用保険被保険者証とは

雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入したときに発行される書類です。雇用保険の被保険者であることを証明するとともに、雇用保険被保険者番号の確認に使用します。雇用保険被保険者の主な記載事項は下記のとおりです。

被保険者番号(11桁の番号)

氏名

生年月日

(雇用保険被保険者証の見本)

引用:ハローワークインターネットサービス「雇用保険被保険者証」

入社から雇用保険被保険者証を受領するまで

会社に入社する際、雇用保険被保険者証の提示を求められます。これは、会社が新入社員の雇用保険加入手続きをするためです。入社から雇用保険被保険者証を受領するまでの流れを紹介します。

入社時、会社が新入社員が提出した雇用保険被保険者証を確認

勤務開始する月の翌月10日までに、会社がハローワークに「雇用保険被保険者資格取得届」を提出

ハローワークが会社に「雇用保険被保険者証」と「雇用保険資格取得等確認通知書被保険者通知用」を交付

会社が新入社員に「雇用保険被保険者証」と「雇用保険資格取得等確認通知書被保険者通知用」を交付

入社後からハローワークへ届出するまでの期間によりますが、勤務が始まって1周間から1か月半くらいの間に、新入社員は雇用保険被保険者証を受領できます。

また、雇用保険被保険者番号は前の会社で使用していたのと同じ番号を継続して使用します。ただし、下記ケースでは新しい雇用保険被保険者番号が付番されます。

雇用保険の加入歴がない人(新卒の人、初めて会社勤めする人、元公務員)

最後に雇用保険被保険者であった日から7年以上経過している人

被保険者番号の有効期限は7年で、7年以上雇用保険未加入なら被保険者番号は無効になります。

参考:厚生労働省「雇用保険の手続きはきちんとなされていますか?」

雇用保険被保険者証をもらってない理由

前述の雇用保険被保険者証を受領するまで流れでは、入社後1,2か月以内に雇用保険被保険者証をもらうはずですが、実際にはもらってない、覚えがないという人がたくさんいます。主な理由は次の通りです。

①会社で保管している

②そもそも雇用保険に加入していない

③紛失した

④年金手帳に添付してある

それぞれについて説明します。

もらってない理由①会社で保管している

もらってない理由の1つ目は、会社で保管していることです。

従業員は会社を辞めない限り、雇用保険被保険者証を使うことはほとんどありません。また、交付しても紛失してしまう人が多いため、会社側で保管していることがよくあります。

また、以前は従業員の氏名変更などで会社がハローワークへの手続きを行うとき、雇用保険被保険者証の添付が必要だったことも、会社で保管する一因です。現在は添付不要ですが、以前の習慣が残っているのでしょう。

もらってない理由②そもそも雇用保険に加入していない

もらってない理由の2つ目は、そもそも雇用保険に加入していないことです。

雇用保険の加入には従業員だけでなく会社も保険料を負担します。一部の会社では保険料負担を避けるために、雇用保険に加入しないこともあります。従業員は当然加入していると思っていても、加入していないケースがあるのです。

自分が雇用保険に加入しているかを確かめたい場合、会社だけでなくハローワークに問い合わせできます。ハローワークに「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票」を提出すると回答書がもらえるので、加入状況が確認できます。

もらってない理由③紛失した

もらってない理由の3つ目は、紛失したことです。

雇用保険被保険者証は1枚ものでサイズも小さいため、紛失もよく発生します。覚えはなくても実際にはもらっていて、どこかにしまい込んでわからなくなった、というケースもあります。

もらってない理由④年金手帳に添付してある

もらってない理由の4つ目は、年金手帳に添付してあることです。もらった覚えがなくても、年金手帳に添付(ホッチキス留め)してるケースもよくあります。

入社のとき雇用保険のほかに厚生年金の手続きをします。新入社員に年金手帳と雇用保険被保険者証を交付する際、紛失防止のためホッチキス留めする会社が多いのです。年金手帳は冊子になっているので紛失しにくいと考えられるからです。

雇用保険被保険者証が必要なケース

雇用保険被保険者証は使用頻度が低いですが、勿論、必要になるときがあります。主なケースは次の通りです。

①転職先での入社手続き

②ハローワークでの各種申請手続き

③老齢厚生年金の受給手続き

必要なケース①転職先での入社手続き

必要なケースの1つ目は、転職先での入社手続きです。

前述の通り、転職先の入社手続きでは雇用保険被保険者証の提出が必要です。前の勤務先で使っていた雇用保険被保険者番号を継続して使用するため、番号の確認書類として提出を求められるのです。

必要なケース②ハローワークでの各種申請手続き

必要なケースの2つ目は、ハローワークでの各種申請手続きです。主な手続きは下記のとおりです。

失業保険の申請手続き

教育訓練給付金を申請手続き

育児休業・介護休業時の給付金申請手続き

忘れた場合でも、雇用保険被保険者番号を確認できる資料が別にあれば手続きは可能です。たとえば、失業保険申請のときの離職票などです。

また、紛失した場合もハローワークで各種申請手続きをする際に雇用保険被保険者証を再発行してもらうという方法もあります。

必要なケース③老齢厚生年金の受給手続き

必要なケースの3つ目は、老齢厚生年金の受給手続きです。

老齢厚生年金は、雇用保険の基本手当(いわゆる失業手当)や高年齢雇用継続給付を受給していると年金の一部、または全部が支給停止されます。

年金の支給手続きをする日本年金機構がハローワークに受給状況を確認するためには、雇用保険被保険者番号が必要です。番号の確認資料として雇用保険被保険者証の提出が求められます。

雇用保険被保険者証の再発行の方法

雇用保険被保険者証を紛失した場合は、再発行手続きが必要です。請求先は在職中か、退職後かで異なります。

①在職中は会社に請求

②退職後はハローワークに請求

再発行の方法①在職中は会社に請求

再発行の方法の1つ目は、在職中に会社に請求する方法です。

会社の総務課や人事課などの担当部署に再発行の依頼をすれば、会社がハローワークで手続きしてくれます。退職が決まっている場合、事前に雇用保険被保険者証の有無を確認し、なければ在職中に再発行してもらいましょう。

再発行の方法②退職後はハローワークに請求

再発行の方法の2つ目は、退職後にハローワークに請求する方法です。

退職後は自分でハローワークに行って、再発行手続きをしなければなりません。転職先で提出が求められますので、なければ早めに手続きしましょう。

また、インターネットでの電子申請も可能です。ハローワークの窓口で手続きすると即日再発行できますが、電子申請では2~3日かかります。郵送での手続きもありますが、再発行には1週間程度かかります。

参考:ハローワークインターネットサービス「申請等をご利用の方へ」

監修者


みんなのユニオン

執行委員岡野武志

詳しくはこちら

みんなのユニオンの執行委員を務める岡野武志です。当ユニオンのミッションは、法令遵守の観点から、①労働者の権利の擁護、②企業の社会的責任の履行、③日本経済の生産性の向上の三方良しを実現することです。国内企業の職場環境を良くして、日本経済に元気を吹き込むために、執行部一丸となって日々業務に取り組んでいます。