不当解雇・退職勧奨
お悩みお聞かせください

無料相談窓口(24時間全国対応)

※伺った事情をもとに、ショートメールメッセージ(SMS)か電話にて専門員が返答いたします

※ユニオンとしてご対応が難しいものでも、適切な相談先をお伝えしますので、まずはご連絡ください

失業保険の認定日とは?認定日までになにをすればよいかを解説

更新日:

監修者:みんなのユニオン 執行委員
岡野武志

7083 2

この記事でわかること

  • 認定日とは、失業状態であることを認定してもらう日であり、認定されれば失業保険がもらえる
  • 原則として認定日は4週間おきである
  • 認定日までには指定された回数の求職活動をおこなう必要がある

失業保険の認定日とはなにか、認定日はいつになるのか、認定日までになにをしておけばよいのか知りたいのではないでしょうか?

失業保険の認定日とは、ハローワークで失業状態であることを認定してもらって失業保険をもらう日です。認定日は原則として4週間おきに設定され、認定日までに指定された回数の求職活動をおこなっておく必要があります。認定日にハローワークに行かなければ失業保険はもらえないので、しっかりスケジュールを確認しておきましょう。

この記事では、失業保険の認定日とは何か、失業保険の認定日までに行うこと、失業保険の認定日に行けなかった場合について解説します。

失業保険の認定日とは

失業保険の認定日とは、ハローワークで失業保険であることを認定してもらう日です。認定されれば失業保険をもらえます。初回の認定日以降は4週間に一度、ハローワークで認定を受けることが必要です。

失業状態であることを認定してもらう日

失業保険をもらうためには、失業状態であることが必要になります。失業状態とは、就職する意思と就職できる能力があり、就職するための努力を行っている状態です。失業保険がもらえる条件を満たしていることを確認してもらう日が、認定日になります。

認定されれば失業保険がもらえる

失業保険の申請をおこなった時点で失業状態であったとしても、失業保険をもらうためにはその後も失業状態を維持している必要があります。就職する意思はあるのか、就職できる能力はあるか、就職するために努力しているかを認定日に確認するわけです。

認定日に就職する意思がなかったり、就職するための努力を行っていないと判断されれば失業保険をもらうことはできません。また、認定日にハローワークに行かずに認定を受けなければ、失業保険はもらえません。

原則として4週間に1度、認定を受ける必要がある

失業保険申請後に行われる雇用保険受給説明会で、初回の認定日が指定されます。2回目以降の認定日がいつになるのかは、退職理由によって異なります。

会社都合退職の場合は、初回の認定日に失業保険をもらうことができます。初回の認定日以降は4週間に1度、認定を受ける必要があります。

自己都合退職の場合は、初回の認定日には失業保険をもらうことはできません。2回目の認定日は7日間の待期期間後さらに2カ月間が経過した後になります。2回目の認定日以降は4週間に1度、認定を受ける必要があります。

いつが認定日になるのかは、初回の認定日にスケジュールを教えてもらえます。原則として4週間おきですが、年末年始などは間が5週間になる場合もあります。

認定日は、初回の認定日と同じ曜日になります。また、ハローワークへ行く時間も毎回同じ時間を指定されます。自分で好きな日や時間に認定してもらえるわけではありません。基本的に指定された認定日にハローワークへ行く必要があるので、事前に日程を確認し別の予定を入れないようにしましょう。

失業保険の認定日までにおこなうこと

認定日までには、失業状態の認定を受けるために求職活動を行う必要があります。認定日までに失業認定申告書に必要事項を記入し、提出します。

認定日までに必要な求職活動の回数

認定日までに指定された回数の求職活動を行うことが必要です。求職活動の回数は、退職理由によって異なります。

◇会社都合退職の場合

初回の失業認定日で必要な求職活動の回数は1回以上になります。失業認定日が決まる雇用保険受給者初回説明会に参加することも求職活動とみなされるため、初回については実質的に求職活動を行わなくても大丈夫です。2回目以降の失業認定日では2回以上の求職活動が必要になります。

◇自己都合退職の場合

2回目の失業認定日で必要な求職活動の回数は3回以上になります。雇用保険受給者初回説明会への参加が1回とカウントされるので、2回目の失業認定日までに2回以上の求職活動をおこなう必要があります。3回目以降の失業認定日では2回以上の求職活動が必要になります。

求職活動の実績になる行為

求職活動の実績としてカウントされるのは、以下のような活動です。

求人への応募

ハローワークの職業相談や職業紹介を受ける

許可・届出のある民間機関や公的機関が実施するセミナー受講

再就職にかかわる国家試験や検定試験の受験

公共職業訓練への応募

初回の失業認定日のみ、雇用保険受給者初回説明会への参加も求職活動の実績としてカウントされます。

失業認定申告書に必要事項を記入

認定日までに失業認定申告書に必要事項を記入し、指定された時間までにハローワークへ行って受給資格者証と失業認定申告書を提出します。

失業認定申告書には以下のような内容を記入します。

認定日までに就職・就労・内職・手伝いをしたか

内職・手伝いをした場合の日付と収入

どのような求職活動をおこなったか

仕事を紹介されたらすぐに応じられるか

就職もしくは自営している、あるいは予定があるかどうか

ハローワークは、上記のような内容を確認することで、失業状態にあるかどうかを判断します。

失業保険の認定日に行けなかった場合

認定日にハローワークに行けなかった場合は、前回の認定日から今回の認定日までの失業保険はもらえません。認定日に行けない場合は、事前に職員に連絡を入れ指示してもらいましょう。うっかり行くのを忘れた場合も職員に連絡する必要があります。

原則として認定日の変更はできない

原則として認定日の変更はできません。認定日の変更が認められるのは以下のような場合のみになります。

就職した場合

就職のための採用試験や面接の場合

就職のために資格試験を受ける必要がある場合

本人が病気・けが・結婚した場合

親族の看護が必要な場合

親族が危篤状態あるいは死亡した場合

認定日の時間は変更可能

認定日にハローワークへ行く時間は、雇用保険受給資格者証に書かれています。基本的に指定された時間に行く必要がありますが、ハローワークの業務時間内であれば時間の変更は可能です。時間の変更に証明書などは必要ありません。

受け取れる失業保険が消滅するわけではない

認定日に行けなかった場合は認定日までに対する失業保険がもらえないですが、その期間の失業保険が消滅するわけではありません。失業保険がもらえる時期が遅れるだけです。失業保険をもらえるタイミングが先延ばしになったと考えればよいでしょう。

ただし、無制限に先延ばしになるわけではありません。失業保険を受け取れるのは、原則として離職日の翌日から1年間です。

監修者


みんなのユニオン

執行委員岡野武志

詳しくはこちら

みんなのユニオンの執行委員を務める岡野武志です。当ユニオンのミッションは、法令遵守の観点から、①労働者の権利の擁護、②企業の社会的責任の履行、③日本経済の生産性の向上の三方良しを実現することです。国内企業の職場環境を良くして、日本経済に元気を吹き込むために、執行部一丸となって日々業務に取り組んでいます。