不当解雇・退職勧奨
お悩みお聞かせください

無料相談窓口(24時間全国対応)

※伺った事情をもとに、ショートメールメッセージ(SMS)か電話にて専門員が返答いたします

※ユニオンとしてご対応が難しいものでも、適切な相談先をお伝えしますので、まずはご連絡ください

セクハラを弁護士に相談する|費用、準備するもの、注意点を確認!

更新日:

監修者:みんなのユニオン 執行委員
岡野武志

20190122175226 b57613e32af7921e482a9358ccd06422b7f92271 1

「セクハラに対して会社が動いてくれない」「相談窓口が多いけど、どこが適切かわからない」…等、セクハラの相談先に迷った場合は、法律のプロである弁護士への相談を考えてみませんか?

弁護士は法律業務に制限がなく、セクハラ加害者や会社に対し直接交渉が可能です。

しかし、弁護士に相談するとなると、多くの方は経験したことがなく、さらに会社や行政窓口とは違い、費用も発生します。

そのため、「弁護士に相談する」ことに抵抗がある方も少なくありません。

この記事では、セクハラを弁護士に相談する場合の費用についてや、弁護士に相談するにあたって準備しておくべきこと・注意点等を確認し、セクハラを「弁護士に相談する」ことへの不安を取り除いていきます。

弁護士費用には何が含まれる?|セクハラを依頼する

セクハラについて弁護士に相談するとなると、「費用が高額になるのではないか」という点が心配になりますよね。

弁護士へ支払う費用には何が含まれるのかを確認し、かかってくる費用についてイメージを掴んでいきましょう。

弁護士への相談料

弁護士への相談料の相場は1時間1万円(30分5000円)ですが、初回については無料としている法律事務所も多く存在します。

料金について不安がある場合、初回無料の法律事務所へ相談してみて、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

着手金

着手金とは、正式に依頼する(弁護士が事件に着手する)際に発生する費用です。
結果にかかわらず、返金されないため、注意してください。

弁護士にセクハラについて依頼する場合、着手金はおおよそ10~30万円が相場となります。
しかし、中には、完全「成功報酬」型をとり、着手金は0円にしている法律事務所も存在します

セクハラ解決に対する成功報酬

成功報酬とは、事件が解決した時に発生する費用のことを指します。報酬金とも呼ばれます。

セクハラが解決した場合、相手から回収できた額(慰謝料・損害賠償金等)のうち、おおよそ20~30%を成功報酬として支払うことになります。

実費

実費は、弁護士がセクハラ解決のために実際にかかった費用のことで、出張が発生した場合の交通費や、書類の送料等が含まれます。
具体的な金額は、事案により変動します。

セクハラ裁判で勝ったら相手が払う?

これまで紹介してきた弁護士費用ですが、裁判に勝ったからといって、基本的に、敗者側に支払わせることはできません
弁護士費用が相手負担になる例外は?

しかし例外があり、「不法行為に基づく損害賠償請求」の場合は、敗者に支払わせることができます。

セクハラの場合、不法行為が成立することが多いため、この例外に該当し、相手側に弁護士費用を支払わせることができる可能性もあります。

※なお、支払わせることができる場合、実際にかかった弁護士費用ではなく、認容額(裁判で決定された額)の1割程度である点に注意してください。

ケースバイケースになるため、気になるのであれば、直接弁護士に相談してみましょう。

弁護士に相談するための準備|セクハラを相談する

いざセクハラについて弁護士に相談しようと思っても、全く準備しないまま相談してしまった場合、事情を説明するだけで、相談時間が終わってしまう可能性もあります。

相談内容を伝わりやすくし、的確なアドバイスをもらうためにも、できる範囲で準備してから相談しましょう。

弁護士に何を相談したいか明確にする

事情を話すことも大事ですが、最終的にどうしたいのか、相談内容を明確にしておきましょう。

「セクハラについて、会社にしかるべき措置を講じてほしい」、「セクハラ行為者に対して、法的責任を追及したい」等、誰に対し何を求めているかを伝えられることがベストです。

セクハラ行為について時系列でまとめる

セクハラ行為について、発端から現在までを時系列にまとめておきましょう

セクハラ行為がいつ、どこで、どのような状況でなされたか、また、その後のセクハラ行為者や会社の対応まで説明できるとより良いです。

セクハラの証拠や関連する資料を集める

メールやラインのやりとりや、日記やSNSへの記録は、証拠となる可能性があるので、使えるか悩んだとしても、念のため用意しておきましょう。

もしあれば、録音データは非常に有効な証拠となりえるので、用意しておきましょう。

また、どういった地位・立場の人間がセクハラをしたかが分かりやすくするために、雇用契約書、就業規則、組織図、業務分掌規程等の書類も用意できると、より良いでしょう。

セクハラによってうつ病などの精神疾患にかかった場合、診断書や治療費等の請求書があると、慰謝料請求における根拠となりえますし、慰謝料に加えて、治療費等の実費も請求できる可能性があります。

詳しくは、「セクハラで慰謝料を請求したい!手元に用意しておくべきものはある?」記事の「セクハラで慰謝料を請求するための準備」で紹介しているため、参考にしてください。

弁護士への相談は時間が決まっているので、効率よく相談する必要があります。

また、弁護士側が事実等を正確に把握するため、証拠・資料は非常に重要です。

何が有効か、自分で判断がつかなくても、用意できるものはとりあえず全て持参し、最終的には弁護士に判断してもらいましょう。

セクハラを弁護士に相談する際の注意点

セクハラについて、実際に弁護士へ相談する際の注意点をお伝えします。

弁護士には本人が相談すること

本人がなかなか相談に踏み切れない場合、家族や友人が代理で相談に行くケースもありますが、家族や友人が相談する場合、本人の希望が分からないため、弁護士側は具体的なアドバイスがしにくくなります。

さらに言えば、そもそも本人でない場合、相談を受け付けない法律事務所もあります。

弁護士へ相談する場合は、本人がするようにしましょう。

弁護士の言葉を遮らず質問に答えること

法律相談では、事実関係を元に法律を適用して、どういった手続きをしたらどのような結果になるかを弁護士が説明します。

そのため、事実関係の把握が非常に重要となってきます。

相談をしている間に、弁護士から色々と質問があると思いますが、それは、弁護士が知りたい事実関係について、不足している情報を補うためであるといえます。

弁護士は、相談された内容について正確に事実関係を把握し、しっかりアドバイスをするために質問しているので、質問に耳を傾け、回答するようにしましょう。

弁護士に嘘はつかないこと

セクハラという内容上、どうしても伝えにくい・恥ずかしい内容のこともあると思いますが事実をゆがめたり、嘘をつくことはやめましょう

前述したように、弁護士は事実関係を正確に把握する必要があります。

また、ささいな内容だと思っても、弁護士にとっては重要な内容である場合もあります。

事実については正しく、ありのままに伝えましょう。

最後に

セクハラを何とかしたいと強く思っていても、「弁護士への相談は敷居が高い」と思われる方もいると思います。

しかし、弁護士は、どの相談窓口よりも法律に通じており、親身に相談にのってくれるでしょう。

この記事では、弁護士費用から、相談前に準備するべきこと、相談の際の注意点まで紹介してきました。

セクハラ解決のための選択肢に、「弁護士に相談する」ことが入ったなら、初回無料の法律事務所もあるので、一度相談へ行ってみてはいかがでしょうか。

監修者


みんなのユニオン

執行委員岡野武志

詳しくはこちら

みんなのユニオンの執行委員を務める岡野武志です。当ユニオンのミッションは、法令遵守の観点から、①労働者の権利の擁護、②企業の社会的責任の履行、③日本経済の生産性の向上の三方良しを実現することです。国内企業の職場環境を良くして、日本経済に元気を吹き込むために、執行部一丸となって日々業務に取り組んでいます。