不当解雇・退職勧奨
お悩みお聞かせください

無料相談窓口(24時間全国対応)

※伺った事情をもとに、ショートメールメッセージ(SMS)か電話にて専門員が返答いたします

※ユニオンとしてご対応が難しいものでも、適切な相談先をお伝えしますので、まずはご連絡ください

セクハラの慰謝料は会社にも請求できる?慰謝料の相場と請求方法

更新日:

監修者:みんなのユニオン 執行委員
岡野武志

84746

セクハラを受けた方は心にとても大きな傷を負われるかと思います。

なかには、休職や退職に追い込まれてしまうなどというケースも。

そんなセクハラを受けた際、解決方法の一つとして慰謝料の請求が考えられます。

今回の記事では、セクハラの種類や具体例セクハラの慰謝料の請求先や請求方法について解説します。

セクハラってなに?どんな種類がある?

セクハラ自体は馴染みの深い言葉になっているかと思いますが、どのような定義なのか詳しく知っている方は少ないかと思います。

まずは、セクハラの定義から確認しましょう。

セクハラの定義

セクハラとは、「セクシャルハラスメント」の略で「相手の意に反する性的言動によって、個人または会社全体に不利益や不快感を与えること」を意味しています。

ここでいう「意に反する」とは、明確な拒否をした場合だけでなく、何かしらの振る舞いで拒否を示そうとしていたり、内心は不快と思いながらも拒否できなかった場合も含まれているとされます(最高裁平成27年2月26日)。

セクハラは、一般的に「対価型のセクハラ」と「環境型のセクハラ」に分類されます。

それぞれ、どういった定義なのか具体例を交えて確認しましょう。

環境型セクハラとは

環境型セクハラとは、職場での性的な言動によって労働者を不快にさせ、仕事をする環境に悪影響を及ぼすことをいいます。

環境型セクハラは、セクハラの加害者がセクハラをしているという意識がないこともあります。

「脚がきれいだね」

このように言った方は誉めているつもりでも、言われた方が嫌な思いをして仕事に身が入らないなどの悪影響があるとセクハラです。

実際に本人に言わない場合でも、セクハラにあたるケースもあります。

「彼女は夜の仕事をしていたみたい」

などといった性的な噂を流して、本人が不快な思いをして仕事に身が入らない場合などもセクハラです。

男性から女性だけではなく、女性から男性へのセクハラや同姓同士でのセクハラもあります。

たとえば、女性から女性に対して

「子供まだ作らないの?」

「いつまでも若くはないのだから早く作りなよ」

などと言われて、職場に居づらくなってしまうケースもセクハラです。

セクハラは性差別においてもおこります。

「女のくせに生意気なことを言うな」

「男のくせにボソボソ話すな」

こういった性別によって差別的な発言をすることもセクハラです。

また、女性にだけお茶くみをさせたり、男性にだけ力仕事をさせるといったことも性差別的な行動としてセクハラになる可能性もあります。

このように環境型セクハラは非常に多岐にわたります

対価型セクハラとは

対価型セクハラとは、労働者の意に反する性的言動に対して労働者が拒否したり抵抗したときに、その労働者に対して不利益な取り扱いをすることをいいます。

不利益な取り扱いとは、解雇、減給、降格、懲戒、客観的にみて不利益な配置変更などが挙げられます。

環境型セクハラと異なるのは、職場の地位や権力を利用して「意図的」に行われる点です。

具体例としては下記のものなどです。

上司(事業主)が、部下の身体をさわってきたが拒絶したら、重要な仕事から全て外れされるようになった。

契約社員として勤務していて、社長から性的な関係を迫られてたが断ったら、契約更新を拒否された。

会社の飲み会で、上司から腰に手をまわされたので拒絶したら、不利益な配置転換をされた。

などが典型的な対価型セクハラとして挙げられます。

セクハラに対する慰謝料請求は会社にもできる?

セクハラは、被害者の意に反して行われること、加害者本人がセクハラだと認識していない場合でも認められる可能性があることがわかりました。

では、セクハラに対して慰謝料請求ができるのは、どのような法的理由があるからなのでしょうか。

また、加害者本人にはもちろん会社にも請求することができるのでしょうか。

セクハラ加害者への慰謝料請求

法に反する行為によって他人の権利を侵害した者には、不法行為(民法第709条)に基づく損害賠償請求ができます。

セクハラは、被害者の意に反する性的言動によって被害者の人格権を侵害する行為ですので、不法行為に基づく損害賠償請求が可能です。

ちなみに損害賠償と慰謝料の違いですが、簡単にいうと慰謝料は数ある損害賠償の種類の1つのことを指します。

会社への慰謝料請求

会社へは、使用者責任(民法第715条)に基づく損害賠償請求が可能です。

さらに、会社には労働者に対するセクハラによって就業環境が害されないよう、セクハラ被害者の相談に応じて適切な措置を行う義務があります(男女雇用機会均等法第11条1項)。

そのため、セクハラの防止策や事後の対応を適切にとっていなかった場合は職場環境配慮義務違反として、債務不履行(民法第415条)による損害賠償請求もできます

セクハラへの慰謝料の相場と慰謝料請求の手順

セクハラの被害者は、セクハラ加害者本人と会社に対して慰謝料の請求ができることがわかりました。

では、セクハラの慰謝料の相場はいくらくらいになるのでしょうか。

また、慰謝料請求はどのような手順で行えば良いのか確認しましょう。

セクハラの慰謝料の相場は?

セクハラの程度や継続性、受けた不利益な取り扱いによって異なるので非常に難しい問題になりますが、一般的に身体に触れていないような軽微なものであれば、数万〜数十万程度といわれています。

身体に触れるセクハラは数十万〜百万円程度が判例としては多く、休職や退職に追い込まれるケースでは数百万円になる場合もあります。

また、強制わいせつや強姦などの刑事事件となる場合は、一千万円以上の慰謝料請求を命じた判例もあります(大阪地裁平成11年12月13日)。

セクハラをされた証拠を集める

まずは、セクハラをされた証拠を集めましょう。

セクハラは、証拠の有無が非常に重要になります。

スマホやボイスレコーダーなどでセクハラを受けている会話の録音をしたり、LINEやメールなどでのやりとりがあればスクリーンショットを撮るなどして保管しておくと良いでしょう。

また、日記やブログなども内容に信用性があると認められれば証拠として使えます。

具体的に、どういった日記やブログが信用性が高いかというと下記の点が記載されているものです。

  • いつ
  • だれから
  • どこで
  • どのようなセクハラをされたか
  • 周りには誰がいたか
  • その時のあなたの気持ち

上記の点を踏まえたブログや日記は、歴とした証拠になり得ます。

詳細に記されたブログや日記は、簡単に捏造できないと考えられているからです。

ブログの場合は、更新日が記載されるのでその点も良いかと思います。

また、セクハラによる精神的なストレスで医療機関で受診をしている場合は、カルテや診断書をもらいましょう。

第三者がセクハラの事実を証言してくれれば、それも証拠になります。

内容証明郵便を送る

セクハラの証拠を集めたら、まずは慰謝料請求の内容証明郵便を加害者本人と会社に送ります

配達証明書付きの内容証明郵便であれば、後々会社からそのような請求書は届いていないと言われることを防げます。

また、内容証明郵便で請求書を送ると、催告の効果があります。

催告をすることによって、時効の完成を6ヶ月間だけ止めることが可能です。

セクハラの消滅時効は、セクハラをされた日から3年間です。

仮に今後裁判にまで発展するとしたら準備に時間がかかりますので、内容証明郵便で催告をしておくのが無難かと思います。

内容証明郵便での慰謝料請求はご自身でも出来ますが、前述の通り、セクハラの慰謝料の額はケースバイケースで非常に難しい問題です。

ご自身では受けたセクハラに対する妥当な慰謝料の額がわからない方も多いと思います。

そのため、妥当な慰謝料の額を把握するためにも、弁護士に相談した方が良いでしょう。

加害者・会社と示談交渉をする

内容証明郵便に対して、加害者と会社側から連絡が来た場合は示談交渉に入ります。

示談交渉の場では、事実確認や妥当な慰謝料の額について話し合うことになりますが、提示した慰謝料に対して減額を求められることが多いです。

また、会社に顧問弁護士がいる際は、弁護士が示談交渉の場に出てくるでしょう。

その際、ご自身が不利にならない交渉をするためにも、弁護士に依頼して代理人として出席してもらうことをおすすめします。

訴訟をする

示談交渉がうまくまとまらなかったり、内容証明郵便を送っても相手方から無視されてしまった場合は、裁判をすることになります。

裁判になりますと、手続きも厳格で専門的な知識が必要です。

これらを一人で行うとなると、時間も労力も大きくかかります。

また、相手方も必ずといっていいほど、弁護士を代理人として裁判に臨むでしょう。

そのため、内容証明郵便による慰謝料請求や示談交渉までは弁護士に依頼していなかった方も、裁判まで発展したら労働問題に強い弁護士に依頼して対応を任せることをおすすめします。

監修者


みんなのユニオン

執行委員岡野武志

詳しくはこちら

みんなのユニオンの執行委員を務める岡野武志です。当ユニオンのミッションは、法令遵守の観点から、①労働者の権利の擁護、②企業の社会的責任の履行、③日本経済の生産性の向上の三方良しを実現することです。国内企業の職場環境を良くして、日本経済に元気を吹き込むために、執行部一丸となって日々業務に取り組んでいます。