一般社団法人 京都微生物研究所(理事長:大藪 正樹 氏)に対する不当な「雇い止め」の解決を求める団体交渉

みんなのユニオンは、一般社団法人 京都微生物研究所(理事長:大藪 正樹 氏)に対して、不当な「雇い止め」の団体交渉をスタートしました

※団体交渉権は、憲法上28条によって保障された労働者の権利であり、使用者はこれに誠実に応じる義務があります。団体交渉を不当に拒否することは、不当労働行為(労働組合法7条)として、損害賠償の対象となります。また、団体交渉及び団体行動は、法律上の保護を受けており、刑事責任と民事責任を問うことができません(労働組合法1条、8条)。

トラブルの内容

相手業種#学術研究#専門・技術サービス業
名称一般社団法人 京都微生物研究所
住所#京都府 京都市山科区
代表理事長:大藪 正樹

みんユニ側の主張

  • 当組合員と会社とのあいだでは有期雇用契約が成立しており、かつ労働契約法19条により当ユニオンは更新の申込み・有期労働契約締結の申込みを行いました。本件では同条の要件をすべて満たす一方、その拒絶は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められませんので、拒絶は違法無効なものとなります。そのため、拒絶をするか否かの確認も含めて団体交渉を申し込んだものです。

相手側の反論

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments

スマホで入れる「無料オンライン労働組合」

職場改善をはじめよう

専門家が作る職場改善の通知を無料で送ることができます

不当解雇・失業の無料電話相談
0
コメントするx
()
x