日本初の無料オンライン労働組合

みんなのユニオンは、令和の時代に誕生した日本初の「無料オンライン労働組合」です。日本国憲法28条で保障された団結権、団体交渉権及び団体行動権を、原則としてインターネット上で行使することで、組合員の権利と利益を守ることを目的として活動しています。

団体交渉で権利を実現

組合員は、みんなのユニオンのホームページを使って、通知や団体交渉を行うことで、自分の権利を迅速に実現していくことができます。また、相手が大企業でも、ホームページ上で団結して、みんなと情報共有していくことで、安心して職場での日常生活を送ることができます。

顧問弁護士が強力にサポート

組合員は、みんなのユニオンの顧問弁護士のサポートを、一部無料で利用することができます。法律的に正しいことを、法律的に正しく、かつ強力に実現していくためには、専門家のサポートが不可欠です。団体交渉が決裂した場合の法的手続きへの移行もスムーズです。

組合費は永久無料

組合員は、組合費や会費を払う必要はありません。みんなのユニオンの活動資金は、①有志からの寄付と、②企業から得た解決金の一部を成功報酬として頂くことで賄っています。私たちの活動資金はすべて外部から調達しているため、お金に余裕がない方も安心してご加入ください。

組合のコンセプト

みんなのユニオンは、①サービスとしての労働組合(Union as a Service)であり、②都合がいい労働組合であり、③使いやすい労働組合であることを標榜しています。組合員にとって「都合がよくて」「使いやすい」「クラウド・サービス」であること、それが私たちのコンセプトです。

Union as a Service

インターネットを通じて組合員にユニオンの機能を提供すること、それが私たちの目標です。21世紀に世界を席巻する「X as a Service」と同じ文脈で、組合員は、ネット経由でクラウド上のみんなのユニオンに接続し、労働組合のサービスを機能単位で利用することができます。

都合がいい組合

組合員にとって「都合がいい組合」であることが私たち目標です。組合員に対しては、他の労働組合や専門家と併用して場面によって使い分けること、使いたい時だけ加入し不必要になったら脱退すること、より安価で便利なサービスがあればそちらを選ぶことを推奨しています。

使いやすい組合

組合員にとって「使いやすい組合」であることが私たち目標です。そのため、組合員がアクセスしたい時にアクセスでき、利用したい時に利用したい分だけ利用できる体制を整えています。また、組合費や会費などの月額課金がなく、着手金などの初期費用が発生しない点も特徴です。

組合活動の内容

みんなのユニオンの活動は、①匿名通知と、②団体交渉がメインです。団体交渉が行き詰まった場合は、組合員の権利を守るため、③オンライン争議を行います。オンライン争議では、ホームページやYouTube等のSNSを活用すると同時に、組合員みんなからの応援の声を受け付けています。

匿名通知を送る

組合員は、みんなのユニオンのホームページを使って、会社に匿名の通知書を送ることができます。「パワハラを止めてほしい」「いじめをなくしたい」といった職場改善の場面で大きな威力を発揮しています。通知書に組合員の名前は表示されないため、上司からの報復もなく安心です。

団体交渉を行う

解雇・退職・雇い止め・内定取消に悩む組合員は、みんなのユニオンに対して、解決金や退職手当を得るための団体交渉を依頼することができます。会社との交渉は、交渉専門の組合員と法律顧問の弁護士がタッグを組んで行うため、自分一人で交渉するよりも圧倒的に効果的です。

オンライン争議

団体交渉が難航した場合は、ホームページやSNSを活用したオンライン争議に移行します。争議権は、団体交渉の難航を打破するために認められた憲法上の権利です。オンライン上での広報や街宣活動を通じて、世の中に人権侵害の事実を広め、人々から応援の声と署名を集めます。

不当解雇・失業の無料電話相談